>

クリーニングとフッ素の塗布

こびりついた汚れを落とそう

毎食後に歯を綺麗に磨いているつもりでも、汚れが残っているかもしれません。
それを放置しないよう、定期健診でクリーニングを受けましょう。
歯医者では、自宅では使えないような専門的な機器を使います。
そのため、頑固にこびりついている汚れでも落とせますし、歯ブラシでは磨きにくい歯の裏側や奥歯、歯と歯の間まで綺麗になります。

口内環境を清潔に維持するために、定期的にクリーニングを受けましょう。
またこの時に出血が見られる人は、歯茎が衰えていると判断できます。
将来は歯周病を発症するリスクがあるので、対策を始めることをおすすめします。
今からでも歯茎を引き締める歯磨き粉を使うなどの対策をすると、歯茎の状態を回復させられます。

歯に直接フッ素を塗る

今はクリーニングが終わった後に、フッ素を塗ってくれる歯医者が増えています。
フッ素を塗ると歯の耐久性が高まり、病気を予防できます。
ドラッグストアで売られている歯磨き粉やマウスウォッシュにもフッ素が含まれていますが、歯に直接塗布した方が大きな効果を発揮できるでしょう。
しかし、フッ素を塗っているからと、普段の歯磨きを怠らないように気を付けてください。

またフッ素を塗ってからすぐに飲食をしたり、強く歯を擦って磨いたりするとコーティングが剥がれて、効力を失ってしまいます。
丁寧に歯を磨いていれば、コーティングは数か月の間は持続します。
そのため定期健診は3か月に1回ぐらいの頻度で訪れて、フッ素を塗り直してもらってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る