>

定期健診を忘れずに受ける

これ以上悪化させないため

基本的に虫歯になった場合は、歯を削って治療します。
しかし歯の根元まで虫歯が進行している時は、削るだけでは対応できません。
そこで最終手段として、歯を抜く治療が行われます。
すると虫歯を治療することはできますが、今度は失った歯の代わりを埋め込む治療をするので、ハッキリ言って手間が掛かります。
その上自分の歯を失うので、メリットがあまりありません。

このような治療をしなくても良いように、病気の初期症状に気づいてください。
自分で気づくのは難しいですが、歯医者で定期健診を受けると、医師が病気のサインを見つけてくれます。
これまでは病気になったら歯医者に行くという習慣だった人は、予防のために歯医者に通う習慣に改めましょう。

十分な実力を持っている

どのような歯医者が、健診を担当してくれるのか調べましょう。
歯医者になったばかりの新人は、病気の初期症状を見逃してしまうかもしれません。
それでは定期健診を受ける意味がないので、できるだけ経験や知識が豊富なベテランに任せることをおすすめします。

ベテランなら病気になっている部分だけでなく、これから病気を発症するリスクがどのくらいあるのかも教えてくれるでしょう。
病気がないと言われても油断せず、リスクを下げられる方法を歯医者で尋ねてください。
歯医者のホームページに、医師を紹介するページがあります。
歯医者として活躍している年数や卒業した大学など、細かいプロフィールが書かれているので、選択する際の参考にしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る